パーフェクトマルチベースBB(資生堂)使用感を体験レビュー

パーフェクトマルチベースBB 体験レビュー

パーフェクトマルチベース BB <ベースメーキャップ/化粧下地>

マキアージュの下地、しかもBBクリームなら色々入っていて便利そう、ということで使ってみました。

マキュアージュパーフェクトマルチベースBB

 

これまで化粧下地は、昨年の大ヒット商品FWB(フルメーク ウォッシャブル ベース)を使っていましたが、
使い勝手は良好なものの、シミや目元のブライトアップ効果など、色味の補正力がないのがやや不満でした。

 

マキュアージュパーフェクトマルチベースBB 使用感

まず、手の甲に「マルチベース BB」をとったところをお見せします。

私の肌はやや黄味の強いオークル系ですが、リキッドファンデーションのような自然な色合いです。

 

 

 

手の甲には二ヶ所、料理中の油ハネでできた赤いヤケドの跡がありますが、そこに伸ばしたらとても自然にカバー出来ました。

 

 

完全に隠れているというワケではない点もほどよく、粉っぽく厚塗りにならないのがよくわかります。

マキュアージュパーフェクトマルチベースBBヤケ跡

(カバー前)

 

マキュアージュパーフェクトマルチベースBBヤケドカバー

(カバー後)

 

一日目は、「濃密美容液効果」を信じて、化粧水のあとに直接塗ってみました。伸びもよくベタつき感はないのですが
さすがに、ちょっと粉っぽいというかマットな感触でした。真冬の2月に、自分の肌の水分量だけではキビシイかな?という印象でした。
ただ、肌の色ムラは良い感じでまとまります。近所へ出かけるぐらいなら、この上にお粉をはたいてポイントメイクすればOKな感じです。
FWB(フルメーク ウォッシャブル ベース)だと、ちょっとテカリが気になって粉をはたきますが、私ぐらいの乾燥肌になると、
「マルチベース BB」なら、そのまま外出でもOKです。

 

二日目は、化粧水・柔らかめの保湿クリームの上に「マルチベース BB」をつけてみました。
保湿された肌の上に塗ると、すべりもよく肌の上にしっかりとまとまる感じがしました。
さらに少量のリキッドファンデを重ねてみると、まぶたや目尻、こめかみのあたりに「きれいに塗れている感」が出ました。頬の赤みも全体的に良い感じにまとまります。
他の方のコメントにもあるように、シミのカバー力は完璧じゃないとは思いますが、そこはコンシーラーじゃないから・・・ね(笑)。
ほどよく品がある肌にまとまる感じは、さすがマキアージュ(資生堂)だなぁと思います。

 

細身のチューブ容器で3,150 円(税込)。正直、主婦には安い買い物ではないのですが、
これを使えば、外出先で「もっとちゃんとしてくればよかった」などとガッカリしなくて済みそうです。
またお肌のハリや表情の疲れた感じが気になるという方にも、おすすめです。
下地というひと手間をかけることで、ワンランク上の大人の化粧ノリが手に入るのは確実、肌が美しいのは、たとえ何度会っている友達でも、その日の第一印象を左右しますからね。

 

顔に対する使用量も、パール一粒分とのこと。しかも、紫外線防止効果 SPF30・PA++の日焼け止め効果もあるのだから、
色々なアイテムを塗り重ねることを思えば、この上品な仕上がり感を持ってして、コスパは悪くないかも知れません。

資生堂オンラインショップ ワタシプラス