エリクシール シュペリエル エンリッチドセラム<美容液>

エリクシール シュペリエル エンリッチドセラム<美容液>体験レビュー

エリクシール シュペリエル エンリッチドセラム<美容液>体験レビュー

エンリッチドセラム

エイジングケアで定評のある資生堂エリクシールから、リッチな使用感のエンリッチドセラム<美容液>がワタシプラスで先行販売されました。

 

エリクシールといえば、皮ふのハリやたるみ、毛穴の開きなど、年齢に応じたお肌の悩みに対応し、ピンと上向きにする「ハリケア」で大人女子の心をガッチリとつかんでいます。

 

今年の夏は猛暑だったこともあり、強い紫外線や湿度に悩まされました。
普段あまり汗をかかない私ですら、今年は顔に汗をかき、べたつきが気になりました。
そのせいか、鼻の毛穴が開いて目立ち、目もとや頬のたるみも気になってきました。

 

これはお肌も相当ダメージを受けているはず??
そんな悩みを払拭、お肌のエイジングケアのテコ入れをしてくれるのが、このエンリッチドセラム<美容液>です。

 

エンリッチドセラム開封

箱を開けてみると・・・

ボトルは、シュペリエルらしい金色で、ころんと丸みのあるしずくのような形。
香水のびんのような印象で上品で高級感があります。

 

美容液というと、スポイト型の容器が多いのですがこちらはディスペンサー式。
押すだけでいいのでカンタン、使いやすそう。

 

エンリッチドセラム使用

使用量はディスペンサーを2回。

押すごとに、毎回適量かつ同じ量をカンタンに手に取ることが出来ます。
(ディスペンサー方式は、美容液の出しすぎや、使用量が足りずに効果が実感できないことを防ぐ資生堂のこだわりだそうです)

 

化粧水の後に、手のひらにとり顔全体に広げて包み込むようにしてください。
ハリ感を高めたいときには、基本の2プッシュを塗り広げたあと、さらに少量をプラス。
4本の指全体でフェースラインをはさむようにあご先から耳の下まで引き上げるようにします。
次に手のひら全体で、ほおを包み込むようにして、あご先からこめかみまで持ち上げます。

 

<使用感>

もちもちシットリ、リッチな感触です。
でも、気になるべたつきは感じられません。

 

2〜3日続けて朝晩に化粧水のあとに使用してみました。鼻の毛穴が小さくキュッと引きしまり、頬の毛穴も目立ちづらくなった気がします。
続けて使用しているせいか、次に洗顔した後にも、肌がパサつかずしっとりしています。

 

普段は化粧水のあとに乳液か軽めの保湿クリームを薄くつけているのですが、この保湿力はすごい。

 

7000円台の化粧品は主婦にとっっては、正直かなりお高めではありますが、お肌の修復力、アンチエイジングにはぴった
りだと思います。

 

あらためて今回、美容液の力を見直しました。効果を日々実感出来る商品だと思います。

 

エンリッチドセラム説明書

箱の中に入っている説明書によると、ハリや弾力のある若々しい肌は、コラーゲンやエラスチンといった肌に存在する線維、それを生み出す細胞が良好な状態で存在することが必要なのだそうです。

 

なかでも、ハリや弾力を保つには、重要な鍵となる2つのコラーゲンがあるとか。
つまり、ピンとしたハリのある肌を作るには、この2つのコラーゲンがしっかりと働いていなくてはダメなんですね。

 

肌の中に網目状に存在している片方のコラーゲンを、もう片方のコラーゲンが吊り上げて、肌の表皮をつなぎとめているというイメージの図が載っています。

 

この吊り上げとつなぎとめがしっかり働いていないと、肌のハリや弾力がなくなってしまうということなんですね!

 

エイジングケアに悩む皆さん、自分の肌の中にあるコラーゲン、その吊り上げ力に期待しましょう。

 

資生堂オンラインショップ ワタシプラス